ゲームと音楽を奏でることとイタリアが大好きなOL★えびっちデイジーがほぼ日刊でお送りいたします!!


by dolcevita-vogue
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

本当に生きた日

うわー!あと残すところ神戸練習も2回!!
今年は、色々とつらかったけど最後は楽しく終わりたいな。

気がついてみたら自分の意思で、何かを卒業するのはこれが初めてなんです。

小学校の時はバレー部。(当時、大林素子選手がブームだった)これは6年生で普通に
引退。中学校の時も高校も部活に数ヶ月いたけどピアノやってて部活は行かなくなり帰宅部。
書道とピアノは高校3年までやってたけど受験勉強のために終えたし。

それで、大学の時のサークルも2つ入ってたけどどっちも人間関係できまずくなり
辞めたっていうより行かなくなっただけだし。

そして、大学卒業してからは今の旅行のお仕事をずーっとやってて転職もしてないので
本当に「長いこと続けてきたことを自分の意思をもっていったんピリオドをうつ」ってのは
初の経験。

それによって失うものがたくさんあることも重々わかっているし
いくらいつでも会えるとはいっても 踊り子じゃなくなることがみんなと今より
距離があいてしまうことは 踊り子だった自分が一番よくわかっているけれど

それでもやっぱり 今が 巣立ちの時なのだなーと。


本当に生きた日って金八先生がこないだドラマで生徒に語っていました。

「ギラリと光るダイヤのような日の詩」という詩の一文です

世界に別れを告げる日に
人は振り返って
自分が本当に生きた日があまりに少なかったことに驚くだろう



この文章、ぐっとくるでしょー!!
その「本当に生きた日」はあなたにとって何ぞや??という事です。

私は2004に、VOGUEに入っていなかったらきっと、この詩のように
今までの人生で本当に生きた日が少ないことに驚いていると思います。

心から泣いたり心から笑ったり心から大好きだって思ったり
あのステージに立ちたい!!と強く願ったり。
ここでしか味わえなかった感情と経験がたっくさんあって。
全部が 本当に生きた日 だなーと思うのです。

気付かせてくれたみんなに感謝!!
[PR]
by dolcevita-vogue | 2007-10-23 01:29 | YOSAKOI